債務整理の中の任意整理手続きの流れについて

債務整理は、その名の通り今ある債務、つまり借金を手続きを行うことにより減額させたり、ゼロにすることが出来る手続きのことを指します。

債務整理と言っても、いくつかの方法があり、選択した方法により手続きの流れも異なります。

最も行う人が多いとされているのが、任意整理と呼ばれる手続きです。債務整理の手続きの中には、流れの中で裁判所での手続きが必要となるものもありますが、任意整理の場合にはそれがなく、債権者と交渉を行い、返済額の減額を目指すということになります。

任意整理の流れとしてはまず、手続きを依頼する弁護士もしくは司法書士を探します。最近では、無料相談に応じているところも増えているので、いくつかの事務所に相談し、信頼することが出来るところを探すようにしましょう。

信頼することが出来る弁護士や司法書士が見つかったら、委任の書類を作成し、法的手続きを正式に依頼します。正式に債務整理を受任した時点で、債権者に向けて受任通知が発送されます。


これにより、債権者からの督促をストップさせることが出来ます。

そして、具体的な取引内容を把握するための書類などを取り寄せ、実際に今後返済するべき金額を調べます。

算出された返済額が3~5年程度で支払うことが出来るようであれば、任意整理の手続きを進めますが、そうでない場合には他の手続きを勧められる場合もあります。

債権者と将来支払うべき利息のカット等の交渉を行います。

和解が成立すれば、手続きは終了となります。

任意整理の手続きは和解が成立すれば終了となりますが、その後、支払いが滞るなどした場合には、残債の一括支払いが求められる場合がありますので、完済するまでは注意が必要です。

http://rocketnews24.com/2016/03/06/717159/
http://okwave.jp/qa/q8454814.html
http://girlschannel.net/topics/283124/

横浜の税理士のことなら、こちらをご参考にしてください。

オリジナリティに富む大阪の自己破産が評判になっています。

大阪での任意整理の情報なら当サイトにお任せ下さい。

大阪で活動する税理士に関しての関心度が高まっています。